COLUM 3.綺麗メソッド  2017-05-02

旅行先でも美肌を保つ、お役立ちアイテム


3ba002af4d82916b56a7eacabd13152f_s

明日からはGW後半!今年は9連休の方もいらっしゃるようですね。ご旅行などに行かれる方も多いのではないでしょうか。旅行は日頃の疲れを癒して、リフレッシュすることができますよね。楽しい旅行でも女性の場合は、普段と違う環境になって肌荒れを起こしてしまうことも少なくありません。今回は素敵な旅行を快適に過ごすための、旅先で役立つ美容アイテムについてご紹介します。

<旅先で肌トラブルを起こす主な原因>

・乾燥

efb0a7cb6f818fdbbe0825c584a2dbba_s

飛行機で移動される方は特に注意が必要です。肌の潤いを保つのに、適度な湿度は50~60%と言われていますが、機内の湿度は概ね20%以下に保たれています。ですので機内は非常に乾燥しやすい環境です。フルメイクをしてしまうと、肌が水分を吸収しにくくなるので機内ではメイクを落とすことをオススメします。化粧水やクリームを小さな容器に入れて持ち込むと、フライト中も潤いを補給することができます。また、機内だけでなく旅先が湿度が低い場合も乾燥しますのでミニタイプのミスト化粧水などがあると便利です。

・水の違い(特に海外)

959fe7f7541ab1924e7323f1323af7db_s

日本はほとんどの地域が軟水ですが、海外は硬水の地域が多いです。硬水・軟水の違いは水1000mlの中に溶けているマグネシウムとカルシウムの量です。この量を表した数値を硬度といい、硬度が120mg/l以上が硬水。以下が軟水といいます。硬水に含まれているミネラル分と石けん成分が化学反応を起こすと、乾燥の原因になります。

・日焼け(紫外線)

d23355e37b039b091120d68a4e81f49d_s

紫外線の量は場所によって異なります。特にビーチや海外に行かれる方は、必ず日焼け止めを持っていきましょう。塗るのが面倒な方はスプレータイプも便利です。UVアイテムを使った日は、汚れがそのまま残ってしまわないように、しっかりとクレンジングをしましょう。紫外線を浴びた肌は敏感になっていますので低刺激のクレンジングを使うとよいです。日焼けをした場合、旅行中だけでなくその後の肌にも影響しますのでしっかり対策を行いましょう。

<持っていると便利なアイテム>

・拭き取りクレンジングシート

水が使えない移動中のメイクオフの時や、旅先の水が肌に合わない場合に備えて持っていると便利です。

・マスク

飛行機や新幹線内などの乾燥している場所で、睡眠をとる時に着けると口内や肌の乾燥を予防できます。

・保湿系パック

日焼けによる極度の乾燥には応急処置として保湿力の高いパックがオススメです。パックをする場合は3分以内にしましょう。長くしてしまうと逆に肌の水分を奪ってしまい、乾燥がさらに促進されてしまう可能性があります。また、初めて使用するパックは肌トラッブルを招いてしまうことがあるので使い慣れているものを持っていきましょう。

・ヘアオイル

海外の場合は水が合わなくて髪がギシギシ、いたんでしまうこともあります。シャンプーやコンディショナーはもちろん、ヘアオイルなどのケアアイテムも少量持っていくことをオススメします。

・オールインワンアイテム

1本でスキンケアが完了するオールインワンアイテムは、お出かけ先でも手軽に使えて便利です。

14997196_1111543368883487_2020157916_n

OMNIST(オムニスト)のオールインワン美容液は無添加で肌にも低刺激なので、旅行中の敏感になっている肌にも優しくケアできます。1本で5役なので荷物が増えず、旅行にぴったりです。

今回は旅先で役立つアイテムをご紹介しましたが、気温や湿度、水など場所によって異なりますので、行き先の環境を考慮した上でスキンケアアイテムを選んでくださいね。


発酵原液を利用したナチュラル化粧品「OMNIST(オムニスト)」1本でしっかり潤う。

じっくり染み込む。驚きの保湿力を是非体験してみてください。
天然スキンケア「オムニスト」初回限定トライアルセットはこちら≫
http://omnistore-marusei.jp/omnist-trial/



コラム記事一覧へ
オムニストの全商品が試せるお得なトライアルセット

オムニストの初回限定トライアルセット980円

「OMNIST(オムニスト)」のキレイになるコラム・食材の美肌効果紹介