COLUM 3.綺麗メソッド  2018-02-07

乾燥肌・脂性肌・混合肌。肌質別スキンケア方法


2b90321e39287a10f71de9452ce843d4_s

乾燥肌、脂性肌、混合肌、普通肌。人によって肌質は異なり、それぞれの肌質によってスキンケア方法や注意点が異なりますよね。今回はそんなタイプ別の肌のお手入れ方法についてご紹介します。それぞれの肌で悩んでいることがある方はぜひ参考にして、自分の肌に合ったお手入れ方法を意識してみてください。

 

<乾燥肌>

2d849de344ff9a205b2e1df9f3b93fc0_s

■乾燥肌とは?

肌の水分や皮脂が足りておらず、常にカサカサとしていたり、ヒリヒリとする肌は乾燥しています。

そんな乾燥肌さんのお悩みで多いのが小じわ。特に年齢を重ねるたびに徐々に乾燥小じわが気になってくる方が多いようです。

■注意したいこと

そんな乾燥肌さんが注意しなければならないのが、過剰なスキンケアと紫外線です。保湿をたくさんすれば良いといった問題ではなく、まずは洗顔方法や紫外線対策など基本的なところから見直していきましょう。

特にゴシゴシと洗ってしまったり、熱いお湯で流してしまったりすると余分な皮脂まで洗い流してしまうなど、乾燥が加速していしまいます。また、紫外線も乾燥を引き起こす要因となるので、冬などの比較的に紫外線が弱い季節でも積極的にケアを行っていく必要があります。

関連記事:

美肌の要は洗顔にあり!敏感肌さんにおすすめの無添加石鹸

お肌を守る!肌荒れ・紫外線ケアにおすすめのオーガニックコスメ

 

 

<脂性肌>

 

■脂性肌とは?

脂性肌とは皮脂の分泌量が過剰になってる状態を指します。

そしてそんな脂性肌さんは特に自覚していることが多く、肌トラブルの悩みもつきません。過剰に皮脂が分泌されることによって毛穴がつまり、黒ずみが目立ったり、ニキビができやすくなってしまったりします。また、肌がテカテカといて化粧が崩れやすくなってしまうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

■注意したいこと

脂性肌の方は皮脂が多い分、化粧品や美容液などを使った保湿を控えようと考えてしまう方もいるかもしれませんが、保湿を控えると皮脂の分泌量はさらに増えてしまいます。そのため質の高い保湿やケアを行うことがより効果的だと言われています。質の高いとは、特に洗顔やスキンケア用品などは刺激の強い成分が含まれておらず、肌に優しい無添加のものや脂分が少ない化粧品・美容液を使用するよ良いでしょう。

 

 

<混合肌>

ac9d98555fdcc08cce8354e99808f5eb_s

■混合肌とは?

最後に混合肌についてご紹介します。混合肌は日本人に一番多い肌質と言われていて、季節によって肌質に変化があったり、部分・箇所によって肌質が異なるタイプをいいます。特に鼻やおでこを言うTゾーンは皮脂が多く、頬や顎、フェイスラインなどのUゾーンは乾燥するといった方も多いようです。

■注意したいこと

混合肌の方は肌のお手入れ方法が難しいと感じる方も多くいらっしゃるかもしれません。特に、洗顔はTゾーンから洗うようにするなど、細かなケアを心がけましょう。また、化粧品や美容液も、保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸が豊富に含まれている化粧品・美容液を選ぶようにしましょう。

 


「OMNIST(オムニスト)」美容液は100%食材由来。無農薬のお米を原料とした酵素たっぷりの米麹や酒粕のエキスを配合。まずはトライアルセットで驚きの保湿力を是非体験してみてください。
天然スキンケア「オムニスト」初回限定トライアルセットはこちら≫
http://omnistore-marusei.jp/omnist-trial/


 


コラム記事一覧へ
オムニストの全商品が試せるお得なトライアルセット

オムニストの初回限定トライアルセット980円

「OMNIST(オムニスト)」のキレイになるコラム・食材の美肌効果紹介