COLUM 3.綺麗メソッド  2017-07-26

夏でも美肌を保つ!日焼けした日の4つのアフターケア


a9e201f115095340279921663f0568a1_s

いつの間にか梅雨の季節は過ぎ去り、毎日太陽がサンサンと照っていますね。夏の予定として海やプールへ行ったり、リゾート地への旅行を計画している方も多いかもしれません。本格的に夏入りし、徐々に日焼けが気になりだす時期になってきました。今回はそんな焼けてしまった肌に対するアフターケア方法をご紹介します。夏の予定を計画する前に、しっかりと紫外線に負けないケア方法を習得してみてください。夏でも美白・美肌を保ちましょう!

 

<日焼けした日のアフターケア>

紫外線はお肌の乾燥やシミ、シワの原因になってしまいます。

(関連記事:http://omnist.jp/organicskincare170614/

そのため、紫外線を浴びた日はしっかりと当日中にケアを行って、肌を回復させなければなりません。今回はそんな当日中に行いたい、アフターケア方法をご紹介します。

830cefbf19a6a921b09146c2f0817098_s

①お肌を冷やす

まず、お肌を冷やすようにしましょう。日焼けは火傷の一種と言われており、まず炎症をしっかりと沈めてあげることが大切です。お肌を冷やすことをせず、保湿を優先してしまう人もいますが、炎症をしている肌に美白化粧水などを使ってしまうと、返って肌に刺激を与えてしまいます。そのため、家に帰ったらすぐに冷たい水で顔を流したり、冷やしたタオルを顔に当てたりしましょう。

②低刺激な化粧水や美容液での保湿

そして、保湿をいつも以上に入念に行うことも大切です。丁寧な保湿はお肌の回復力を高めてくれます。また、紫外線によって肌は乾燥状態になっているので、お肌に潤いを与えることが大切です。この時、注意したいことは2つあります。1つは、低刺激で肌に優しいオーガニック化粧水を使うことです。すでに肌バリアが低下しているので、無添加のものを使用すると良いでしょう。もう1つが手で優しく浸透させることです。摩擦などを起こさないように、普段コットンなどで化粧水を利用している人も、手で力を加減しながら保湿をすると良いですね。

③水分補給を意識して行う

スキンケアによって外側から保湿を行うことはもちろん、意識して水分補給も行って内側から潤いを与えられるように心がけることも大切です。夏は特に脱水状態になりやすく、体の水分も足りなくなってしまうので、日焼けをした日は特に意識して水分補給を行いたいですね。

④ビタミンCとビタミンEを摂る

そして栄養素としてはビタミンCとビタミンEを積極的に摂りましょう。ビタミンCはメラニンの生成を抑制する働きのある栄養素で美白効果が期待できます。そしてビタミンEはそんなビタミンCと一緒に摂ることによって、より肌の回復力が高まると言われています。ビタミンEは抗酸化作用を持ち、肌老化を防いでくれるのです。ビタミンCを多く含んでいる食材は柑橘類やトマト、かぼちゃなどが挙げられます。ビタミンEを多く含んでいる食材はアーモンドなどのナッツ類やアボカドなどです。紫外線をたくさん浴びてしまった日はこれらを使った料理を取り入れてみるのもいいですね。

<まとめ>

今回は日焼けをした日のアフターケアについてご紹介しました。紫外線対策を徹底的に行っているという人は多いと思います。しかし、その後のアフターケアについてはおろそかになってはいませんか?紫外線をたくさん浴びてしまった日は、お肌の炎症を沈めて化粧水や美容液を使ってしっかりと保湿を行うことはもちろん、水分補給を意識したり、肌回復に効果的な食材を食べたり、内側からもケアを行いましょう。夏でも美白・美肌を保ちたいですね。


発酵原液を利用したナチュラル化粧品「OMNIST(オムニスト)」1本でしっかり潤う。

じっくり染み込む。驚きの保湿力を是非体験してみてください。
天然スキンケア「オムニスト」初回限定トライアルセットはこちら≫
http://omnistore-marusei.jp/omnist-trial/



コラム記事一覧へ
オムニストの全商品が試せるお得なトライアルセット

オムニストの初回限定トライアルセット980円

「OMNIST(オムニスト)」のキレイになるコラム・食材の美肌効果紹介