COLUM 3.綺麗メソッド  2017-10-25

保湿もエイジングケアも。キレイな肌を作る美容習慣と化粧品


830cefbf19a6a921b09146c2f0817098_s

肌が綺麗な人って憧れますよね。乾燥肌、敏感肌など様々な悩みを抱えている方も多くいらっしゃるかもしれません。今回は年齢を重ねても肌が綺麗な人に共通する習慣から化粧品・美容液選びまでご紹介します。

■関連記事

酵素の力でエイジングケア。発酵化粧品の魅力とは?

保湿で年齢肌を改善!すぐに始めらえる美容液エイジングケア

 

<きれいな肌とは?>

18abb4306cdb7f65794d5a9e8aa8e154_s

まずは、そもそも「きれいな肌とはどのような肌か」ということをから見ていきましょう、きれいな肌の共通点は以下2つです。

・肌の色にムラがないこと

一つ目は肌の色にムラがないことです。例えば、ニキビや肌荒れによる赤みだったり、シミやそばかすによる茶褐色のような目立つ色ムラがないことを指します。肌の色が均一な人は健康的な肌に見えますよね。

・肌に凹凸がないこと

そして、二つ目が凹凸がないことです。この凹凸がない状態とは、深いシワや小じわがないことや、毛穴が引き締まり、きめ細かい肌になっていることを指します。ゆで卵の殻をむいた状態を想像するとわかりやすいですね。

 

<きれいな肌を作る習慣>

04f20ea384ef422bf3f627a7f7844fa7_s

それでは、このようなきれいな肌を作るためにはどのようにすれば良いでしょうか。まず、意識することは3つあります。

(1)肌に負担をかけない

まず、肌に負担をかけないことです。過剰な洗顔や過剰なスキンケア、肌摩擦などによって知らず知らずのうちに肌に負担をかけてしまっていることがあります。肌に負担をかけることによって、肌バリアが低下し、肌荒れなどにも繋がります。特に洗顔料やスキンケア用品には、化学成分が多く含まれているものもあり、自分で成分表をしっかりと見てみる必要もありますね。また、肌摩擦については清潔なタオルを使うことや、化粧品や美容液を使用する際にゴシゴシと肌を擦れすぎないようにするなど、ちょっとした意識付けが重要です。

 

(2)徹底的に保湿する

そして、保湿をしっかりと行うことも大切ですよね。肌の乾燥で悩んでいる方あ多いかもしれませんが、保湿をしっかりと行うことでシミやシワの改善や未然の予防にも繋がります。特に乾燥する季節は加湿器を使うこともオススメです。また、保湿力を高める成分としては、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどがあげられるので、これらの成分が含まれている化粧品・美容液を選ぶようにしましょう。

(3)肌力を高める

そして、最後に肌力を高めることです。肌力とは言葉の通り「肌の力」ですが、過剰なスキンケアで肌のバリア機能が低下してしまったり、肌を甘やかしてしまうことによって肌力は低下します。それを防ぐためには、基礎肌力を高める自然由来の化粧品・美容液を選ぶことです。素材の力を生かしたスキンケア用品を使用することで、自ら肌を修復しようとする力が高まります。

 

<OMNIST(オムニスト)の美容液>

15034211_1111544435550047_481003240_o

OMNIST(オムニスト)のバイタルエッセンス(美容液)の特徴は、

・オールインワン商品なので肌に負担をかけない

・無添加で化学成分が含まれていない

・発酵の技術を使っているため成分が細分化され、保湿成分が肌に浸透しやすい

・100%自然食材から作られているため、基礎肌力を高めることに繋がる

このように、OMNIST(オムニスト)のバイタルエッセンス(美容液)きれいな肌を作るための条件が揃った優れものです。普段の習慣の一つである、スキンケアからまずは見直し、色ムラや凹凸のない、ゆで卵のような“うるツヤきれい肌”を目指しましょう。


「OMNIST(オムニスト)」美容液は100%食材由来。無農薬のお米を原料とした酵素たっぷりの米麹や酒粕のエキスを配合。まずはトライアルセットで驚きの保湿力を是非体験してみてください。
天然スキンケア「オムニスト」初回限定トライアルセットはこちら≫
http://omnistore-marusei.jp/omnist-trial/


 


コラム記事一覧へ
オムニストの全商品が試せるお得なトライアルセット

オムニストの初回限定トライアルセット980円

「OMNIST(オムニスト)」のキレイになるコラム・食材の美肌効果紹介